マスコミ業界を知る

アシスタントディレクター

studioアシスタントディレクターは、番組制作のあらゆる業務に関わります。演出助手とも言われ、ディレクターの指示に従って実務的な作業を任されます。スタッフルームの掃除やロケの後片付け、出演者やスタッフの弁当発注、台本コピー、小道具等の買出しなどの雑用業務から、店舗などへの撮影交渉、ロケハン(ロケ地の選定)、企画に必要なリサーチや資料作成、テレビ局への納品など番組制作の根幹に関わる重要な任務まで幅広く担当します。ひとつの番組に複数名のADがつくことが一般的ですが、制作現場は人手が足りず、徹夜勤務や長時間の拘束となる場合があります。プロデューサーやディレクターを目指す方が一度は必ず通る道で、映像業界の入り口となる職種ですので、経験を問わない求人・募集が多い傾向にあります。
アシスタントディレクターの仕事は、テレビ局または番組制作会社で求人・募集があります。番組制作会社に採用され、テレビ局に派遣されたり出向となるケースもあります。

【必要キャリア】新卒採用も多く、その場合は当然未経験者が対象となりますが、中途採用の場合も未経験者を採用対象とする求人は多いです。
【年収の目安】200万円〜350万円前後(テレビ局のADは500万円を超えるケースもあります)

マスコミ業界を知るの職種