転職者インタビュー

番組AD編

【アシスタントディレクター】大城さん(27歳)

1) 入社してすぐに何をしましたか?

新卒で入社して番組制作に関してまったく知識はなかったのですが、入社2日目から新番組の企画に携わりました。リサーチ業務やロケ、編集作業などはやりながら覚える状態でした。

2)テレビ業界で働く女性ならではの苦労はありますか?

徹夜続きでお風呂に入れないなんてこともあり、タレントさんとの打ち合わせの時にはとても恥ずかしい思いもします(笑)でも同じ番組内には育児をしながらプロデューサーをしている女性もいます。そんな先輩を目標にしています。

3)息抜き方法はありますか?

私はマッサージでリフレッシュすることが好きでよく行きます。あとは、ネットで買い物!ついつい色々な物を買ってしまいます・・・。

4)どんな人がテレビ業界に向いていると思いますか?

テレビが好きなら楽しいはず。私もかなりのテレビっ子で、どんなに疲れて家に帰っても録画した番組を観ちゃいます。

大城さん

 

【アシスタントディレクター】荒川さん(24歳)

1) 就職活動はどうでしたか?

情報を生で届ける番組制作に興味を持ち、大学時代の就職活動では報道番組を制作している会社を受けていました。のんびり構えていたせいもあり、なんだかんだで就職が決まったのは卒業後でした。それでも希望は叶い、報道・情報系の番組を制作しているTBSの関連会社に入社する事ができました。

2) 入社してからの流れを教えてください。

入社後は、番組制作の流れや業界用語、機材名などを覚えることから始まり、1週間ずつ研修生としてさまざまな番組に配属されました。最終的に通販番組に配属が決定しました。希望していた報道番組ではなく、通販番組への配属は想定外ではありましたが、ロケやスタジオ収録などすべてが新鮮で、覚えることも多く考えている暇もありませんでした。半年後には1人ロケを任せてもらえるようになり、周りに自分と言う存在を覚えてもらえたことが嬉しくて、少しくらい辛いことがあっても、もったいなくて辞められません(笑)

3) 何か心がけていることはありますか?

忙しくしている先輩を少しでも助けられたらと思うのに、自分はまだ何も出来ないからなかなか仕事を振ってもらえない。早く仕事を任せてもらえるように、分からないことは積極的に質問して覚えるようにしました。先輩達から注意を受けたら「次からは○○をします」と確認するようにしています。間違っていれば教えてくれるので、ミスを重ねることはありません。

4) 目標はありますか?

近い将来の目標としては、テロップ原稿を早く作れるようになりたいです。そしていずれは「番組をもっともっと良くしたい」と考えています。先輩方が作り上げたものに、自分なりの感性をプラスして、今以上に幅広い層の視聴者に見てもらえる通販番組を作りたいと思っています。

arakawa

イベント編

【イベント企画・制作】山本さん(23歳)

1) ベンチャー企業の良いところは?

すぐ上の先輩でもプロフェッショナルで、短期間に成長出来る環境です。
大企業のクライアントにも同行させてもらい、新人の私でも企画書を提出するチャンスを貰えることもあります。プレッシャーはありますが、やりがいは十分得られます。

2)新卒で入社してすぐ何をしましたか?

企画コンペを通らなくてはイベントが出来ないので、いかに企画書をいかに美しく作るかを徹底的に学びました。ポンっと1枚の企画書を渡され、まったく同じ物を作ることから始まりました。色、レイアウト、何もかも同じに作らなくてはならないのです。最初は1枚作るのに5時間かかりましたが、今では1時間以内で作れるようになりました。

3)心がけていることはありますか?

新人でも積極的に意見を言うようにしています。
相手の意見を否定するだけではなく、必ず代案を出して相手を納得させるようにしています。たとえ相手がクライアントでも自分の意見を必ず持っていきます。ただ、先輩についていくだけではなく、クライアントの役に立ちたいと心から思って取り組んでいます。

山本さん

映像技術編

【映像編集エディター】加々美 友章さん(28歳)

1)今のお仕事内容を簡単に教えてください。

映画やドラマの放送用フォーマット編集、映画宣伝用の映像素材作成、WEB用エンコードを主に行っております。

2)なぜ転職を考えたのですか。

前職もポストプロダクションで働いていましたが、バラエティ番組の編集が中心で、仕事の内容・スケジュール等が自分には合ってないと感じたからです。

3)今後の目標を教えてください。

テープからデータへと移行し、様々なファイル形式が存在する中で、映像メディアを扱う専門家であり続ける事と、カラーグレーディングにも挑戦したいと考えています。

【映像編集エディター】村石 慶介さん(26歳)

1)今のお仕事内容を簡単に教えてください。

海外の映画やドラマ素材の放送用フォーマット編集を中心に、AVIDやFinal Cutでノイズ修正や音声の調整、字幕入れなどをしています。

2)転職して良かった事は?

前職ではリニア編集のアシスタントをしておりましたが、映像の仕事に携わっている内に、AVIDやFinal Cutを知り、とても興味がわいてきて、ノンリニア編集に挑戦してみたいと思うようになりました。転職した今では、AVIDやFinal Cutを使い、白完から完パケまで全てノンリニア編集で作業をしています。

3)今の仕事について、やりがいと苦労を教えてください。

自分が携わった作品や編集した作品がテレビなどで放送されているのを見た時にとてもやりがいを感じます。苦労するのは、海外からくる映画素材やドラマ素材にはノイズが多い作品もあり、そのノイズ修正に手間と時間がかかってしまう事です。

【MAアシスタント】大水 貴智さん(27歳)

1)今のお仕事内容を簡単に教えてください。

現在勤めている会社では、MAスタッフとして外国ドラマの吹き替え版制作の仕事に携わり、マイクやミキサーのセッティング等収録の準備作業や、収録の際の録音業務、録音したセリフの編集作業等を担当しています。

2)転職で大変だった事は?

以前の会社を退職した際、東京を離れて実家に帰っていたのですが、転職活動をする上で希望する仕事が東京にしかなかったので、上京する際の時間と費用などの工面、職務経歴書の具体的な書き方、面接の際に以前の退職理由を聞かれ返答などに苦労しました。

3)キャリアトレインのサポートはいかがでしたか?

本来スタッフ登録の為だけに上京したのですが、当日に面接をセッティングして頂き、そのまま今の会社に社員として採用して頂けました。また面接から10日前後で上京する事になったのですが、会社との条件の交渉などに入って頂き、スムーズに住居などを決めることが出来ました。