マスコミ業界AtoZ

キャリアトレインの就職・転職サポート体験談

キャリアトレインの就職・転職無料サポートを利用して、
就職・転職を成功させた皆さんからの体験メッセージをお届けします。
キャリアトレインは皆さんの就職・転職をどのようにサポートするのか、
人材紹介会社を利用するとどんなメリットがあるのか?
就職・転職に成功された皆さんの体験談を参考に、あなたの就職・転職活動にお役立てください!

未経験からAD(アシスタントディレクター)


24歳・女性
「学生時代からテレビ業界に興味があった」

前職:インターネット企業の事務
現職:番組制作会社のAD(アシスタントディレクター)

■転職理由
大学時代の就活ではテレビ業界に興味があっても不安なことが多くチャレンジできませんでした。
インターネット企業に就職しても、やはりテレビ業界で働きたい気持ちを忘れられず、20代半ばまでに本当にやりたいことにチャレンジしようと転職を決意しました。

■転職サポート申し込みから内定まで
キャリアトレインのブログを以前から読んでいて、テレビ業界についていろいろと知ることができました。
実際に転職サポートに申し込み、面談でコンサルタントからテレビ業界の企業で良く聞かれるポイントなどを教えていただき、安心して選考に進むことができました。

■コンサルタントへのメッセージ
親身にサポートしていただき、とても心強かったです。
履歴書と職務経歴書の書き方や面接対策も教えていただき、ありがとうございました。
具体的な転職のイメージが持てていなかったのですが、サポートを進めるうちに戦い方みたいなものがわかるようになりました。

やる気だけでスタートしてテレビ業界へ

22歳・女性
「漠然としていても大丈夫だった」

前職:アパレルメーカーの接客販売
現職:番組制作会社のAD(アシスタントディレクター)

■転職理由
地方の短大卒業後、上京して服飾雑貨の販売員として約2年働いていたのですが、東京でしかできない仕事がしたいと思うようになりました。
友達が番組制作会社に勤めていて、話を聞くうちに自分も番組を作ってみたいと思い、好きなバラエティ番組を制作している会社に入りました。

■転職サポート申し込みから内定まで
ADの友達からテレビ業界専門の人材紹介会社があると聞いて、転職サポートに申し込みました。
やりたいことが漠然としていて、いざ転職しようと思うと何からやればよいのかわからなかったのですが、コンサルタントのアドバイスでスムーズに企業の面接などを受けることができました。

■コンサルタントへのメッセージ
最初はやる気だけが空回りして全然中身がないまま転職活動を始めましたが、どんなことをやりたいかなどを整理していただき、将来のビジョンをしっかりと整理することができました。
サポートを受けないまま企業の面接を受けてもうまくいかなかったと思います。

エンタメ業界への転職で年収アップ

26歳女性
「前職の経験を評価してもらえた」

前職:リサーチ会社のマーケッター
現職:芸能プロダクション広報・宣伝

■転職理由
前職ではWEBマーケティングやデータ分析などの業務を担当していたのですが、音楽などのエンターテインメントが大好きでいつかはアーティストに関わる仕事に就きたいと思っていました。
エンタメ業界で職務経験を活かせる仕事を探していたところ、芸能プロダクションでSNSを活用したアーティストプロモーションに携わる求人を見つけ、キャリアトレイン経由で応募することになりました。

■転職サポート申し込みから内定まで
キャリアトレインのサイトに掲載されていた求人への応募ありきで転職サポートに登録しました。
私の経歴や希望を丁寧にヒアリングしていただき、応募書類の作成や面接対策を講じたうえでエントリーに進み、前職よりも高い年収提示で内定を得ることができました。

■コンサルタントへのメッセージ
自分の経験をエンターテインメント業界でどう活かせるのか不安でした。自分自身の専門性を更に高めることができる仕事に出会えたのは、丁寧なコンサルティングのおかげだと思っています。
自分では言いづらい給与面のお話しも、企業と交渉していただいたおかげで未経験の業界でも年収を上げることができて良かったです。

休めない帰れないは嘘だった

25歳男性
「業界のリアルな話を聞けて安心しました」

前職:塾講師
現職:番組制作会社のAD(アシスタントディレクター)

■転職理由
大学時代の就活ではテレビ局や大手番組制作会社しか受けずに全敗しました。
大学生の時からアルバイトをしていた塾で、卒業後は正社員として働いていましたが、25歳になったのをきっかけにテレビ業界に就職するなら最後のチャンスだと思い決意しました。

■転職サポート申し込みから内定まで
テレビ業界への転職を決意したものの、「休めない」とか「残業が多くて帰れない」という話ばかりをネット等で見ていたので不安がありました。
でも、キャリアトレインの転職サポートで、番組制作会社のリアルな話を教えてもらい、驚くようなブラックな働き方ではないことがわかりました。
きちんと休みも取れて、徹夜はほとんどない番組制作会社への入社が叶いました。

■コンサルタントへのメッセージ
休みや勤務時間について不安があると正直に言うと、やる気がないと思われるかと思い心配していました。
でもそんな気持ちを理解してくれて、希望に近い会社を紹介してもらえたので安心して本音で話すことができました。

営業から芸能マネージャーに

26歳男性
「営業経験の活かし方を教えてもらった」

前職:不動産会社の営業
現職:芸能プロダクションのマネージャー

■転職理由
不動産の仕事も楽しかったのですが、自分の力で仕事をしている感覚が持てずにいました。
タレントのマネジメントには以前から興味があったのですが、自分の頑張りで担当しているタレントさんが活躍することができる仕事はやりがいを感じると思いました。

■転職サポート申し込みから内定まで
転職サポートは主にメールでのやりとりでしたが、レスポンスを早くいただけたので現職中でも難なく企業の選考を受けることができました。
また、どの芸能プロダクションを受けるかにあたり、希望や適性、社風などを確認しながら進めることができて良かったです。
これまでの職務経験のどの部分をアピールすれば良いかなども教えてもらい、業界が違っても自信を持って営業経験をアピールすることができました。

■コンサルタントへのメッセージ
芸能プロダクションの面接でよく聞かれるポイントを教えていただき、落ち着いて面談に臨めました。
エンターテインメント業界に詳しいコンサルタントさんはとても心強く感じました。

地方から東京のエンタメ企業に転職

27歳男性
「1度の上京で内定することができました」

前職:ホテルスタッフ
現職:芸能マネージャー(営業)

■転職理由
人と接することが好きで大学卒業後は地元愛知県のホテルに就職しました。
20代後半になり、フロントだけではなく、ホテル内で行うイベントの企画なども任されるようになったのですが、もっと人に喜んで貰える仕事がしたいと思うようになり、タレントのために奔走する芸能マネージャー職に興味を持つようになりました。

■転職サポート申し込みから内定まで
愛知県在住だったので東京の転職エージェントとうまくやり取りできるのか不安でした。
しかし、電話やメールで丁寧に芸能マネージャー職について説明していただき、企業の面接もリモートを中心に、上京の負担が減るよう手配していただきました。
最終面接のために1度上京しただけで、希望する芸能プロダクションに入社することができました。

■コンサルタントへのメッセージ
地方からの転職という状況を配慮していただき、転職相談から入社まで無理なく進めることができました。
退職手続きや引っ越しなどで、内定から入社までに時間がかかることも企業と交渉していただき、本当に助かりました。

最初の就職に失敗したけれど

21歳女性
「また相談したい人材紹介会社」

前職:番組制作会社のAD(アシスタントディレクター)
現職:番組制作会社のAD(アシスタントディレクター)

■転職理由
専門学校で番組制作について学び、卒業後は番組制作会社に就職しました。
学校にきていた求人の中からバラエティ番組を制作している会社を選んで入社したのですが、休みたいとか徹夜が嫌とか言っているのは業界に向いていないと言われるような体質の会社でした。
番組制作の仕事は好きなので、もっと自分に合った番組制作会社に移りたいと思いました。

■転職サポート申し込みから内定まで
入社して3ヵ月も経たないうちの転職だったので、他の人材紹介会社からはやんわりと断られました。
キャリアトレインはテレビ業界のことをよく知っているので退職理由を理解してくれました。
番組制作会社の特徴や社風などを知ることができて、ちゃんと休める番組制作会社に転職することができました。

■コンサルタントへのメッセージ
「すぐ辞めるやつ」と転職先に思われないように、職務経歴書や自己PRの仕方を教えていただきありがとうございました。
ADとして約3ヵ月しか経験はありませんでしたが、それでも覚えたことをアピールする方法があるのだと知って安心しました。
求人サイトを見ているだけではわからない会社の雰囲気なども知れてよかったです。

マスコミ業界専門の人材紹介会社は珍しい

27歳男性
「総務なら何でも良いわけじゃなかった」

前職:製造業界の総務
現職:エンターテインメント企業の管理部門(総務・人事)

■転職理由
大学卒業後、1社で約5年間総務として勤務していましたが、自社の事業に興味が持てず、総務の経験を活かした転職を考えていました。
音楽が好きで関わることができたらと漠然と考えているなかで、アーティストマネジメントや音楽出版などを行っている会社で管理部門の募集があることを知りました。
ゼネラリストを目指しているので、総務以外も経験できることが魅力に感じて転職しました。

■転職サポート申し込みから内定まで
最初は総合型の大手人材紹介会社に登録したのですが、求人数は多くても興味のある業界の求人がありませんでした。
その後、音楽などのエンターテインメント企業の求人を扱っているキャリアトレインに登録しました。
総務や人事などの管理部門を求めているエンターテインメント企業は結構あったので、希望する企業はすぐに見つかり、登録から1ヵ月以内で内定を得ることができました。

■コンサルタントへのメッセージ
エンターテインメントが好きで、入社したら叶えたいことなどを、管理部門希望者でもアピールする必要があることを教えていただきました。
様々な業界で管理部門職を求めていますが、エンターテインメント業界じゃなければいけないという想いを、転職相談で改めて気づくことができました。

映像業界でキャリアップ成功

28歳男性
「キャリアップの仕方がわからなかった」

前職:テレビ番組制作ディレクター
現職:WEB動画制作ディレクター

■転職理由
動画配信サービスの番組を制作することがあり、番組以外のジャンルの映像を制作してみたいと思うようになりました。
このまま番組制作ディレクターを続けて、30代40代になった時にどうキャリアップしているのかイメージすることができなかったせいかもしれません。

■転職サポート申し込みから内定まで
テレビ業界以外に転職したいと思っていたのですが、どういう会社があるのかわかりませんでした。
キャリアトレインはテレビ以外の映像制作会社の求人を扱っているので、転職サポートに申し込みました。
コンテンツ制作事業を行っている会社の面接を受ける際、テレビとは違う雰囲気で考え方も違うことをレクチャーしてもらったので、自分の考えを伝えることができました。
無事に内定をもらうことができたのですが、条件も上がったので決断して良かったと思っています。

■コンサルタントへのメッセージ
これまで面白い番組を作ることにやりがいを感じていましたが、映像業界にはいろいろな世界があることを教えてもらい、幅が広がりました。
転職活動の時間がなくてご迷惑をおかけしましたが、面接設定など企業と交渉してもらい助かりました。

別ジャンルのマネージャーに転職成功

29歳・男性
「ジャンルの違うプロダクションの情報を得ることができた」

前職:芸能プロダクションのマネージャー(モデル)
現職:芸能プロダクションのマネージャー(俳優)

■転職理由
モデル事務所のマネージャーとして約6年間勤務したのですが、元々は俳優のマネジメントに興味があり芸能プロダクションに入社した経緯がありました。
モデルのマネージャーとして出版社やキャスティング会社などへの営業経験を積みましたが、俳優のマネジメントとして別の営業先や現場での経験を積みたいと思うようになりました。

■転職サポート申し込みから内定まで
よいところが見つかれば転職を考えようという気持ちで、気軽に転職サポートに申し込みました。
コンサルタントの方と面談を進めるうちに、役者のマネージャーになりたいという気持ちが強くなりました。
俳優を専門とする芸能プロダクションの求人がちょうどよいタイミングであったので、すぐに応募することになりました。
モデルのマネジメント経験が俳優を担当したときにどう活かせるのかなど、応募書類の書き方から面接対策まで行っていただき、すぐに内定を得て転職することができました。

■コンサルタントへのメッセージ
マネジメント経験があってもモデル業界以外の情報がなく困っていました。
キャリアトレインの転職サポートで、幅広いジャンルの芸能プロダクションの情報をもらうことができたので転職先のイメージを持つことができました。
また、マネジメント経験をどういったところを転職先で求められているかも事前に知ることができたので面接でうまく伝えることができたと思っています。

法学部出身を活かしてエンタメ企業の法務へ

26歳・女性
「会社によって求める法務像が違った」

前職:一般企業の総務職
現職:エンタメ企業の法務職

■転職理由
大学の法学部出身で就活時は法務職に就きたいと考えていましたが、法務部のある会社に就職することができませんでした。インターネット関連企業の総務として就職したのですが、法務部で働きたいという気持ちを持ち続けていました。
そんな時キャリアトレインの求人情報で「法学部出身の方!未経験歓迎」という求人を見つけ、転職をリアルに考えるようになりました。

■転職サポート申し込みから内定まで
応募したい求人があったので、その求人の情報をメインにサポートをしてもらいました。応募書類を整えることから始まり、法務部でもエンタメ企業で求められることなどをレクチャーしてもらいました。
面接は3回で筆記テストもありましたが、面接日程の調整をお任せできたので、転職サポートの応募からちょうど1ヵ月で内定を得ることができました。

■コンサルタントへのメッセージ
求人している会社は法律のスペシャリストを求めているのではなく、総務などの経験を活かせるバランスのよい人材を求めていることを教えてもらいました。
前職の経験を活かせることがわかり、法律の知識に加えてコミュニケーションや事務処理能力をアピールする作戦を一緒に考えることができました。

転職するならまた相談しようと思っていた

27歳・女性
「就活でお世話になったことが忘れられない」

前職:番組制作会社のAD
現職:番組制作会社のディレクター

■転職理由
新卒で番組制作会社に就職し、約5年でチーフADになり、簡単なVTR制作は任されるようになっていました。
ADが足りないという理由でなかなかディレクターに昇格できず、ADが入ってきてもすぐに辞めてしまうので、先が見えない状態が続いていました。
ディレクターになれる会社があれば移りたいと考え、キャリアトレインに相談することにしました。

■転職サポート申し込みから内定まで
大学生の時にキャリアトレインの就活サポートでお世話になりました。
その時のコンサルタントさんに連絡したら私のことを覚えてくれていて、大学生の時に思っていたことなどを思い出させてくれました。
初心に戻るような気持ちになり、転職希望先の企業に真っすぐな想いを伝えることができました。

■コンサルタントへのメッセージ
5年以上前に相談したことを覚えてくれていて感動しました!テレビ業界についてわからなかったことや、制作会社の情報などを教えてもらい、すごく頼ってしまった記憶があります。
転職を考えた時、すぐにキャリアトレインが浮かんできました。新卒の時とは違い、今後のキャリアアップについて相談できて、また新たな目標を見つけることができました。