マスコミ業界を知る

MAミキサー

mixerMA(マルチオーディオ)は映像の編集が完了したVTRに音を入れる番組作りの最終工程の作業です。MAミキサーはディレクターの指示のもと、番組に必要なBGMやナレーション、効果音などの「音」素材を加工しながら、実際に映像に音をのせていきます。「音」入れが完了すると番組が完成します。「音」の仕事と言う印象が強いですが、バラエティ番組に音楽や効果音を足す、情報番組にナレーションを付ける、映画や海外ドラマの吹替え収録をするなど、いずれも「映像」に「音」を加えるため「映像」と「音」の両方に関する知識やスキルが必要とされ、一般的にレコーディングミキサーやPAミキサーと区別されます。ベテランのミキサーともなると制作サイドから指名を受ける事もあります。
MAミキサーの仕事はポストプロダクションや音響技術会社、映像制作会社などで求人・募集があります。

【必要キャリア】MAアシスタント経験数年以上
【年収の目安】250万〜600万円前後

マスコミ業界を知るの職種