元登録者からのSOS!再出発もキャリアトレインで・・・

2013年7月4日

人材紹介業をやっていて嬉しいけど複雑な思いをする場面がある。

それは、以前企業に紹介した元登録者から相談を受ける時だ。

すでに様々な企業で社員として勤務している方達なので、
普段はなかなか連絡を取り合うこともないのだが、
何年か経っても連絡をくれる方達がいる。

キャリアトレインを思い出して連絡をくれるのは、
と~~~~っても嬉しいことなのだが、
その内容はだいたい「今の会社を辞めたい」という相談なのだ。

辞めたい理由はそれぞれ違う。

例えば・・・

「テレビ番組制作のアシスタントディレクターとして勤務しているが、
将来はプロデューサーを目指しているので、アシスタントプロデューサー(AP)になりたい。
でも今の会社だとAPはたくさんいるので、なかなかなれないと言われたので、APになれる会社に転職したい」

「フリーで活動しているが、結婚したのでどこかの社員になりたい」

「徹夜や休日が取れない環境がきつくなったので、普通に休める会社を探したい」

「契約満了を機に別の会社を見てみたい」

「給与などの条件が良い会社に転職したい」

「テレビ番組制作のアシスタントディレクターから芸能マネージャーに転向したい」

ネガティブな理由から、次へのステップを求めた理由まで様々だ。

メールや電話でのやり取りもあるが、
だいたいは「じゃあ、どこかで会って話しましょうよ!」となる。

久々に会って話をすると、以前の印象と違う場合もある。
相談内容に納得が出来なければ安易に求人情報を伝えることもない。
前向きな転職だからこそ応援したいと思う。

以前その方を紹介した企業のことも考えなければならない。

どこかの悪徳!?人材紹介会社では、
人材を紹介して、保証期間が終わるとすぐに退社させて、
また別の会社に紹介して・・・、
なんて卑怯な手を使っているらしいと聞いたことがある。

そんな風に思われたらたまったものじゃないので、
きちんと元登録者の話を聞いて判断する。
入社して何年も経っている方もいるが、企業にお詫びを入れることもある。

時が経ってもキャリアトレインを頼ってきてくれた、
元登録者の再出発を良い形で迎えさせてあげたいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP