美し過ぎる!?アシスタントディレクター(AD)達が起こすハッピースパイラル!

2013年6月12日

テレビ番組のアシスタントディレクター(AD)というと、
どんなビジュアルイメージをお持ちでしょうか?

・お風呂入っていない
・着替えていない
・髪を切る時間がない

このように、どよ~んとするイメージが先行して、
ぼろぼろに疲れ果てた、清潔感のないイメージになっているかも知れませんね。
それは大きな間違いなのです!

今時のADさん達を見て驚くなかれ!

なんとまぁキュートなADさんが多いこと。

バラエティ番組で、『テレビ局内で働いている美人AD』なんて企画を観たことはないでしょうか?

驚くくらい可愛いADさん達が登場しますが、
あれはタレントの仕込みではありません。
本当に可愛らしいADさん達が多いのです。
私の身近にいるADさん達だけかも知れませんが!?

みんな服装もおしゃれだし、
ヘアスタイルも本当に可愛い。
いつの間にかカラーリングしちゃったり。
さりげないアクセサリーなんかもばっちりで、
足元は動きやすいスニーカーが多いけれど、
それもまた可愛いのです。

可愛らしさというのは、
笑顔が良かったり、
明るい印象で親しみやすいなど、
顔形だけではありません。

そういった雰囲気を持っているADさんは、

笑顔で仕事をしている

先輩や周りに好かれる

可愛がられるので仕事を教えてもらいやすい

仕事がやりやすい

楽しく過ごせる

笑顔で仕事が出来る

まさにハッピースパイラルが起きるのです。

 

テレビ番組の制作スタッフは、
ロケや取材で1歩外に出たら『テレビの人』なのです。
人前に出る仕事で、様々なジャンルの人と関わります。
不快感を与えるビジュアルなんてありえません。

以前お話しを聞いた女性ADさんは、
少しでも時間が空いたら買い物に行くそうです。
「新しい洋服が欲しいなぁ」と思ったら時間を必死で作るそうです。

先日会ったADさんは、夏らしい涼やかなネイルをしていました。
細かいことにも気を配れる人なのではないでしょうか。

昨日見掛けたADさんは個性的で面白かったです。
可愛いのジャンルにも色々ありますね。

テレビ番組制作に興味を持っているけれど、
マイナスイメージだけが先行している人もいるかと思います。
おしゃれする時間くらいあるので安心してください(笑)
そのくらい器用でなければいけないのかも知れません。

テレビ番組制作会社だけではありませんが、
マスコミ業界は『私服面接』が多いのも特徴です。

自分のこだわりみたいなことが、作品制作にも反映される部分があるのかも知れません。

不快感を与える服装でなければ、正解はありません。
是非とも、センスや個性を感じさせる服装で臨んで頂きたいものです。

あ、男性ADもなかなかおしゃれさんが多いですよ。
1年ぶりに会ったADのY君はアシメントリーヘアになっていました(笑)
※左右対称じゃない髪型(NON STYLE井上ヘア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP