【石川かおりの番組制作会社潜入レポート】第13回:ゴールデンだけを見据えた企画で勝負!“イマドキ男子達”が作るバラエティ番組とは!?

2013年2月6日

テレビ番組制作会社「有限会社アチェルボ」に潜入!

地下鉄千代田線「代々木公園駅」から徒歩4分。
小田急線「代々木八幡駅」からも徒歩5分くらい。

NHK放送センターにはダッシュで数秒!

とにかく閑静な街の一角に社屋はあります。

2004年公開の『お父さんのバックドロップ』を皮切りに、
映画製作を手掛けている「有限会社 リーライダーす」の関連会社です。

【代表作】
『デトロイト・メタル・シティ』 主演 松山ケンイチ
『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』 主演 岡村隆史、松雪泰子
『Box!』 主演 市原隼人、市原隼人

テレビ番組の企画・制作・演出では、
『タモリのジャポニカロゴス』(フジテレビ)
『バニラ気分!(ゴールデンラッシュ嵐)』(フジテレビ)
などのバラエティ番組を手掛けたことが有名。

現在もリーライダーすと連携して番組作りを行っているアチェルボ。
正面玄関では制作中のレギュラー番組と放送予定の特番ポスターがお出迎え。

某有名人気アイドルが出演する番組ポスターは、大人の事情で剥がしました(笑)

興味のある方は是非面接でご覧ください。

アチェルボのアシスタントディレクターさん達(AD)

手前のK君(25歳)ほぼ新卒で入社。
大学時代ラクロスに夢中になり、就活を一切しなかったツワモノ。
にもかかわらず「やる気は誰にも負けない」と言い張って早1年半。
素直さ、可愛げ、スタミナで今ではアチェルボの戦力です。

アチェルボのADはほとんどが未経験からのスタート。
でも全然大丈夫ということ。

K君以外は“草食系”揃いで良く言えば「優しい」スタッフばかり。

そこで残念なお知らせです。

現在、女性ADがいませ~ん! (叫び)

ここで一人でも二人でも女子が入った日には・・・

みんなが超優しく教えてくれるのは間違いない!(笑)(笑)(笑)

とは言え、アシスタントプロデューサー(AP)や総務の方はみんな女性。
男子にはわからない悩みや相談も出来ますのでご安心あれ。

ホッと一息スペース

雑誌もあるし、奥にはちょっと横になれるスペースもあります。

社内の雰囲気

放送作家や、外部のディレクターなども集まっています。

本の壁

“知的バラエティ”を得意とするアチェルボの制作には、情報収集が必須です。
小説からマンガ、雑誌、歴史書などなど山ほど置いてあります。

編集室も完備

個室で心置きなくこだわっちゃってください。

 

★アチェルボでは現在5職種の採用情報があります。★
※この求人は終了しました。

その中にはなんと「作家見習い」の募集も!

作家に(放送・構成)なるにはどうしたらいいかわからない方!
チャンスです・・・。
作家見習い希望者はコチラ。

◆ADがいなけりゃ番組は作れない!
アシスタントディレクター(AD)希望者はコチラ。

◆これまでフリーのディレクターとのお付き合いが多かったのですが、
今回はアチェルボ所属ディレクターを募集しています!
ディレクター希望者はコチラ。

◆プロデューサーを支える女房役。
頼れるアシスタントプロデューサー(AP)を待っています!
アシスタントプロデューサー(AP)希望者はコチラ。

◆変わり種求人!
社長を支えるアシスタント募集!
秘書のようなイメージです。
社長アシスタント希望者はコチラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP