まるでエア電話!不採用電話ですすり泣き!?お願いだから何かしゃべって!!

2013年5月21日

就活だもん。
採用もあれば不採用もある。
一生に一度一社だけ受けるわけではあるまいし。
就活スタートしていきなり落ちることもある。

なのに・・・。

テレビ番組のアシスタントディレクターを希望しているAさん(20歳)は、
先日ある番組制作会社の面接を受けた。

結果は残念ながら不採用。
他の希望者に決まってしまったのだ。

Aさんに不採用をお伝えしようと、電話を掛けたのだが・・・。

元気よく電話に出てくれたAさん。
しかし私が不採用を伝えたとたんに、何も聞こえなくなった。

私「あれ?電波が届かないのかな?」

私「もしもーし!!」

何回かの呼びかけでやっと声らしきものが聞こえて来た。

Aさん「ぐすん・・・」

私「え!?泣いてる!?」

明らかなすすり泣きが聞こえてくるではないか。

私「え~っと(焦)それは不採用だったからショックを受けて?」

Aさん「はぁぃ・・・ぐすん」

ここからは何を言ってもほぼ無言。

おろおろしたのもつかの間。

ハッキリとうんざりしてしまった私。

まだ1社目の結果が出たくらいで。

次の会社もダメだったら、また泣くのか・・・。

電話口で泣いて無言になるなんて、社会人としてどうなのよ!!

申し訳ないが、不採用の要因はこういう事なのかも知れない。

20歳という年齢は確かにまだまだ若い。
年齢を重ねた今思うと、20歳の時の自分なんかどうしようもなかった。
Aさんに「大人になろう」と諭したところで理解出来ないだろう。

ただ、人材紹介会社の担当者に対して、
電話口でこのような対応しか出来なかったことは恥じてもらいたい。
恥を自覚すればきっと成長出来るから!

support_btn

≪石川かおり≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP