ルックス重視!?なぜかどこにも出てこない芸能マネージャーの採用基準

2013年2月18日

 「20代の可愛い子をお願い」

うちは何屋だ?

これは、某芸能事務所からのれっきとした採用条件なのだ。

ここで言う「可愛い子」というのは、
そのままの意味で「ルックスが良い子」

“マネージャーは営業”

営業に行くなら可愛い子の方が、
クライアントに馴染みが良いと考える会社なのだ。

「セクハラ!」

なんて目くじらを立てちゃいられない。

自分のルックスを武器に闘えるくらいじゃなきゃ
マネージャーなんて務まらない。

もちろん見掛けだけではまったくダメだ。

「掴みはOK」の後から本当の勝負は始まる。

では、芸能マネージャーがみんなイケメン・美女なのか?

そんなことはない。

◆面白いキャラクターで周りを楽しくさせるマネージャー
◆きちんとした仕事振りで信頼を勝ち取っているマネージャー
◆タレント愛の塊のような熱血マネージャー
◆どろどろになって営業成績をあげているがむしゃらマネージャー
◆的確な分析力と計算力で緻密な仕事をする頭脳派マネージャー
◆愛嬌と人懐こさで声がかかるマネージャー

ずば抜けたルックスを持っていなくても、
芸能界をけん引しているマネージャーはたくさんいる。

その一方で、未経験でマネージャーになりたいという人達に求められる、
「ルックスの良さ」があることも事実だ。

“美”には人それぞれの基準があるので難しいところなのだが。

第一には“清潔感”と言えよう。

タレントと一緒に行動することもあるマネージャーに清潔感がないのは致命的だ。

芸能事務所の面接では「私服面接」もある。

ファッションセンスも大事な要素なのだ。

タレントに指導する立場のマネージャーにセンスがなくてはマズイ。
センスだけではなく、ここでも“清潔感”が判断される。

タレントを売り込みことがマネージャーの仕事だと思っている方、
まずはマネージャー自身が見られる仕事だということをご承知あれ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP