マスコミ業界専門!就職&転職サイト キャリアトレイン

面接官は〇〇しか見ていない!?『集団面接』の勝ち方!

2019年11月18日

集団面接

新卒採用の選考ではよくある『集団面接(グループ面接)』ですが、中途採用の選考ではあまりありません。

キャリアトレインのクライアントの面接でも、集団面接を行った例はほとんどなく、年に1~2回あるかどうかです。

つい先日、某エンタメ企業の二次面接が集団面接だったのですが、キャリアトレイン経由で面接に臨んだ求職者(登録者)は見事突破しました!

集団面接は、よほど他の人よりも自分は秀でている!くらいの自信満々な方以外は、求職者にはメリットを感じにくいものです。

企業にとっては、短い時間で多くの候補者を比較検出来るので効率的です。

案の定、求職者に集団面接について聞くと、皆さん下記のような理由で嫌がります。

<集団面接が苦手な理由>

・他の候補者に聞かれるのが恥ずかしい
・他の候補者と答えが被ったらどうしよう
・他の候補者が凄いと感じて気後れする

集団面接ではとにかく他の候補者が気になるものです。

そもそも、面接自体が苦手なのにみんなの前って。。。って感じです。

集団面接で聞かれる質問

他の候補者がいる手前、物凄く個人的なこと(プライベート)なことや複雑な質問はあまりありません。

短い時間で完結に答えられるような質問が多いのが特徴です。

<質問例>

①「自己紹介をお願いします」

集団面接の王道の質問と言っても良いでしょう。

自己紹介は1分以内で「名前」「大学名」「会社名」などの基礎情報を伝え、自分が企業の求める人物像であることをアピールして、「よろしくお願いします。」で締める。

履歴書に書いてあることだけを話してもまったく印象に残りません。

印象的なキーワードやメッセージを盛り込むことがポイントです。

②「志望動機を教えてください」

業界・企業研究が出来ているか、志望度の高さが一発でわかる質問です。

難しく考えないで、「なんでこの会社に入りたいのか」「なんでこの仕事がしたいのか」を素直に考え、面接官を説得すれば良いだけです。

スムーズに出てこないようならば、そんなにしたい仕事じゃないのかもしれません。

自身の気持ちを整理する意味でも、志望動機は大切です。

③「あなたの強みは何ですか?」

企業が本当に聞きたいことナンバーワンかもしれません。

応募者の強みを入社後のどう活かせるか、採用を決定付ける大事なポイントになります。

だからと言って、自分を大きくみせようとする必要はありません。

毎日の暮らしの中や仕事をする上で、ご自身なりに大切にしていることや、得意なことがあるはずです。

その他、「最近気になるニュースは何ですか?」とか、「何かスポーツをやっていましたか?」などの質問もありますが、せいぜい3~4個程度の質問で終わります。

全体の時間が30分程度で、1人あたりの持ち時間は10分程度です。

そんな短時間の面接では、回答内容よりも重要なことがあります。

短時間で面接官は何を見ているか

集団面接で面接官が見ているのは、応募者の『印象』です。

■清潔感(髪型、着こなし、姿勢)
■話し方(言葉遣い、声の大きさ、視線)
■マナー(入退室、挨拶、傾聴姿勢)

そして、面接は真面目で真剣な場面ですが、『笑顔』を見せることはとても大事だと思います。

男女ともに爽やかな笑顔は、親しみや感情の豊かさを表現出来る最大の武器です。

悪目立ちはマイナスですが、自分に注目してもらいたいという前のめりの姿勢は重要です。

集団面接へ苦手意識を持たず、舞台役者にでもなった気持ちで自分をアピールしてみて!

就職・転職サポート応募

PAGE TOP