企業名
公開求人

株式会社ハイホーTV 

応募する

企画からプロデュースまで!バラエティ番組制作HIHO-TVスタッフ大募集!!【アシスタントディレクター/賞与年2回/中途・未経験者歓迎】

  • 未経験可
  • 新卒可
  • 正社員

あなたの「オモシロイ」が、バラエティ番組の未来を変えてしまうかも!?その第一歩をハイホーTVで踏み出してみませんか!?

 

4月レギュラー番組スタート!「林修のニッポンドリル
その他、「TOKIOカケル」「いただきハイジャンプ」「全力!脱力タイムズ」「訂正させてください」「見逃せない瞬間」など、バラエティ番組を中心に多くのジャンルの番組を制作しています。

 

小規模の会社としては珍しく、企画を立案し制作の主軸となる番組も多い事から、社長を中心に企画・演出・プロデュース・編集等のディレクション作業を一貫して手掛ける事が
出来る制作会社です。

 

会議室オフィスは国際色豊かな高級住宅地で知られる広尾駅から徒歩5分の好立地。広い会議室を備え、完全分煙、フリーアドレス、さらにADも自由に使用出来る飲料スペースも備わっています。

 

昨年度入社の新人も、すっかりプロの一員!未経験からのスタートでも既に欠かすことの出来ないスタッフに成長中です。
多くのレギュラー番組に加え、特番制作も増加している為、一緒に番組を盛り上げてくれる新しい仲間≪3〜5名≫を募集しています!

 

【未経験者・18年新卒・既卒・第二新卒大歓迎】 
※意欲重視の採用です。積極的に応募してください!                  
※未経験者・直近で勤務可能な方歓迎!経験者の方は給与面での優遇も!

求人コード K547
職種
  • アシスタントディレクター
雇用形態 正社員 ※3ヶ月間の試用期間有り(期間短縮の前例も有り)
給与 未経験者:月給20万円以上
(給与例:短大・専門学校卒20万円、大卒21万円)
※経験者は経験値等考慮の上、当社規定により優遇致します。    
※試用期間一律18万円(試用期間3ヶ月。期間短縮の事例あり)
福利厚生 ◇社会保険完備(雇用・厚生・健康)※年1回健康診断あり
◇通勤交通費支給(社内規定有り)
◇PC購入手当(社内規定有り)
◇携帯電話通話料支給
◇賞与年2回
◇昇給年1回
勤務地 本社/東京都渋谷区広尾5-8-11・3F(渋谷区広尾「広尾」駅より徒歩5分)又は東京都内キー局など
勤務時間 10時00分~19時00分
※休憩1時間あり
休日・休暇 ◇土日祝日を基本とした月6日以上の休み
※平日代休も取得可能です
◇夏季休暇
◇年末年始休暇
◇慶弔休暇
※但し、担当番組によります
仕事内容 ☆アシスタントディレクターの業務(ディレクターの補助作業)
番組の立ち上げから放送までの制作業務です。

(例)VTR放送番組の制作の流れ
▼番組企画
▼制作会議
▼リサーチ・ロケハン作業
▼出演者打ち合わせ
▼技術・美術打ち合わせ
▼ロケ・収録作業(海外ロケを含む)
▼オフライン作業
▼編集作業
▼MA作業
▼放送!
必要な経験・スキル ◇◆未経験・2018年新卒・第2新卒の方歓迎◆◇
先輩の元で一から学ぶ事が出来ます。知識や経験は必要ありません!

■基礎的なPCスキル(Mail.Word.Excelの基礎的作業)は業務上必要となります。

写真右から
■2017年新卒入社の信澤さん
■2018年中途入社の津田さん

信澤さん:中学生の時、某深夜番組が大好きで番組制作に興味を持ったという信澤さん。映像系の専門学校に進学し、以前から興味を持って観ていた番組の制作担当だったハイホーTVを志望したそうです。入社1年目の信澤さんですが、レギュラーと特番の6番組の制作に携わりました。ロケやスタジオ収録があったり、それぞれ違いがあるので覚えることが多くて大変ですが、先輩達が丁寧に教えてくれるので頑張ることが出来ました。後輩ADが入ってきて、教える立場にもなった信澤さん。自分でもまだわからないことがあるので、教え忘れがあったり、いっぱいいっぱいになってしまい、後輩に目が行き届かないこともあります。それでは後輩は不安になってしまうので、先輩である自分がしっかりしなくてはと思っています。入社してから今まで、本気で辞めたいと思ったことはありません。番組制作の仕事はずっとやりたいことだったし、一時の気の迷いで辞めてしまってはもったいないと思うからです。
《メッセージ》
番組制作の仕事はルーティンワークではなく、常に新しいことに挑戦出来るので楽しいです。好きな芸能人に会えることだって楽しみの一つ(!?)

津田さん:東京の体育大学在学中、学校にテレビ番組のスタッフが取材で訪れたことがあり、津田さんが番組制作の仕事に就きたいと思うきっかけとなりました。就活時にハイホーTVの求人に応募したのですが、結果は不採用!仕方なく地元愛媛に戻り、県庁の臨時職員として勤務していた津田さんですが、ハイホーTVが新たに求人をしていることを知り、再チャレンジしたのです。求人広告の内容、面接に行った時に感じた雰囲気など、数ある番組制作会社の中で、どうしてもハイホーTVに入りたい理由がありました。今年1月に入社したばかりの津田さんですが、まだまだ「何が何だかわからない」状態だそうです。しかし、すでに企画会議に参加したり、リサーチ業務や街頭インタビュー、ロケやスタジオ収録の見学などを体験しています。
《メッセージ》
テレビ業界はちょっとだけ怖いイメージがありました。実際入社してみると、先輩達が細かく丁寧に教えてくれますし、社員として迎え入れてくださって良かったと感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの為にも頑張らなくちゃと思える会社です。

■八木田さん
アシスタントプロデューサー/2016年入社

中央大学法学部卒業し、新卒でハイホーTVに入社した八木田さん。高校生の頃からテレビが大好きで、エキストラや番組観覧に参加していました。大好きなテレビに一番近くで携われるのは制作の仕事だと思い、業界一本で就活。バラエティ番組を制作している会社を探したところ、ハイホーTVの求人広告が目に留まりました。先輩社員のインタビューや会社のHPを見て、他社にはない アットホームさを感じたそうです。八木田さんは、バラエティ番組を制作している会社の会社説明会などに参加した際、「体力に自信がある人!」というのが前提条件になっている体育会系の雰囲気に引いてしまった経験がありました。そのような番組制作会社が多い中、ハイホーTVには安心感を覚え、応募に至った経緯があります。入社以来担当している番組では、ロケや収録などが毎回違う内容になっていて、新鮮な気持ちで制作することが出来ます。出演者や芸能プロダクションの方とも仲良くなり、楽しく過ごすことが出来ています。現在は、アシスタントプロデューサーとして番組に携わっている八木田さんですが、入社前からキャスティングや予算管理に興味を持っていました。発想力が必要とされるディレクターや演出よりも、プロデューサーとして周りをサポートしながら番組制作をしていくことが自分に向いていると感じています。
《メッセージ》
私も最初のうちは仕事がわからない事が嫌で、いつも追い詰められるような気持ちになり辛かったです。そのうち仕事がわかってくるとどんどん楽しくなってきました。ミーハーな気持ちでも、番組制作への入口は何でも良いと思います。大切なのは“続けること”だと思います。

■具志堅さん
アシスタントプロデューサー/2015年入社

石垣島出身で竹富島の観光業に携わっていた具志堅さん。中学生の頃、将来なりたい職業に「AD」と書いたことを思い出し、勢いに任せてハイホーTVに応募。番組制作についての知識はもちろん、あまり調べることもせず、とにかく気持ちだけで上京しました。ADとして入社した具志堅さんですが、現在はアシスタントプロデューサー(AP)。入社以来、特番班として複数の番組を掛け持ちする日々ですが、毎回違うメンバーと仕事をするうちに、「困ったらここに電話すれば良い。」というような人脈は広がったと感じています。APは番組制作の全体を理解していなければならないポジションの為、チーフADがやっていることも覚えなくてはなりません。AD経験が短い具志堅さんは、その部分がプレッシャーでもあり、覚えることの楽しさも感じています。今年で3年目を迎え、キャスティング担当として中心的な動きも増えたそうです。さらに後輩AD達のフォローにも気を配る毎日です。「テレビの仕事を突き詰めたい。負けず嫌いなんです。」という具志堅さん。最近は、企画会議に提出する企画案に頭を悩ませているそう。つい最近通った=放送された企画では、具志堅さんも大きな役割を果たしました。ハイホーTVはこれまでの実績も豊富で、テレビ局からの信頼も厚い会社。社員全員が力を持っており、企画を作成するにあたりとても頼りになる会社です。先日の企画通過はそのことが実感出来た出来事でもありました。

【ハイホーTVはこんな会社!】
おもしろい事が大好きだから、バラエティ番組の制作という仕事に誇りを感じています。また、この業界では珍しく、若手スタッフも社長に企画を提出したり、BBQや飲み会を一緒に楽しんだりと良い意味で壁のない会社です。そうして培った絆が弊社の強い武器でもあります。
ゼロから番組を生み出す事は、正直とても大変な作業ですが、その分高評価を受けた時は大きな喜びが!そして、作業の過程で重要なのは、一番上の人間も新人も番組制作には欠かせない大切なピースであるという自覚と責任を持つ事。作業内容こそ違いはありますが、責任感を持って仕事に臨む事で、より一層の成長を遂げて欲しいと願っています。

☆テレビ業界ではまだまだ珍しいスケジュール管理システムを導入☆
スタッフや番組の進行状況を把握する事で業務過多を防いだり、「休みは取れている?」「祝!企画突破!!」「慰労会のお知らせ!」等、SNSのようにメッセージを投稿すると、社員全員が確認出来るシステムを導入。担当番組によってスタッフの状況が多岐に渡る業界だからこそ、このシステムが便利に機能しているそうです。

企業名 株式会社 ハイホーTV
企業URL http://www.hiho.tv/
代表者名 代表取締役 疋田雅一
住所 〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-8-11・3F
従業員 13名(2018年3月現在)
設立年月 2008年12月
事業内容 テレビ番組制作
イベント連動ネット配信番組制作

応募について

下記、応募フォームよりご応募下さい。

掲載終了予定日:2018年4月27日(金)
選考は随時進めておりますので、採用が決まり次第掲載終了となります。
また、採用が決まらない場合は更に延長して掲載する可能性もございます。

氏名 (必須)
ふりがな (必須)
性別 (必須) 男性女性
生年月日 (必須)
年齢 (必須)
郵便番号 (必須)
都道府県(必須)
住所 (必須)
電話番号 (必須)

※ご連絡可能なご自宅電話番号または携帯電話番号を必ずご入力ください

メールアドレス(必須)

※半角英数字
注意!Gmail、Yahoo メール等のweb メールをお使いの方は弊社からのご連絡が「迷惑メールフォルダ」に振分けられてしまうことがございます。

現在の状況 (必須) 現職中離職中在学中
最終学歴(必須※)
最終学歴(学校名) (※)
最終学歴(在籍期間)開始 (※)
最終学歴(在籍期間)終了 (※)
最終学歴(卒業区分) (※) 卒業中退卒業見込み
学歴2
学歴2(学校名)
学歴2(在籍期間)開始
学歴2(在籍期間)終了
学歴2(卒業区分) 卒業中退卒業見込み
資格・語学
最終職歴(職歴がある方のみ必須※)
最終職歴(企業名)(※)
最終職歴(職務内容)(※)
最終職歴(就業形態)(※)
最終職歴(在籍期間)開始(※)
最終職歴(在籍期間)終了(※)
職歴2
職歴2(企業名)
職歴2(職務内容)
職歴2(就業形態)
職歴2(在籍期間)開始
職歴2(在籍期間)終了
職歴3
職歴3(企業名)
職歴3(職務内容)
職歴3(就業形態)
職歴3(在籍期間)開始
職歴3(在籍期間)終了
職歴4
職歴4(企業名)
職歴4(職務内容)
職歴4(就業形態)
職歴4(在籍期間)開始
職歴4(在籍期間)終了
職歴5
職歴5(企業名)
職歴5(職務内容)
職歴5(就業形態)
職歴5(在籍期間)開始
職歴5(在籍期間)終了
自己PR・志望動機 (必須)
本人希望等自由にご記入ください

以下の「個人情報同意事項」の内容を確認し、同意します

選考スケジュール

【WEB書類選考】
「応募フォーム」にご記入いただいた内容を基に書類選考を行います。
書類選考後、今後の面接日程等については追ってご連絡いたします。
尚、メールでご御連絡致しますので、迷惑メール等の設定をなさっている場合は「info@hiho.tv」の受信許可設定を事前にお願い致します。

【面接】(基本1回)
面接時に履歴書(写真添付)・職務経歴書をご持参下さい。

【内定】
入社日はご相談に応じます。